オリジナル&オーダーメイド革小物
定番アイテム オーダー(カスタム)メイド オーダー作品集 一点もの ノベルティ・卸売 製作のこだわり 送料・規約
こだわり
製作者より
革について
カービング
手縫い・仕上げ
エイジング(経年)
革製品のお手入れ
ウェスタン雑貨&インディアンジュエリー web TEDDY'S
送料・規約
実店舗の御案内

トップ > コンテンツ > こだわり > エイジング(経年変化)
エイジング
ピュアな状態のヌメ革は、色・風合いの経年変化(エイジング)が最大の特徴です。当方で「ナチュラル」と呼んでいる染色していない革の色の変化を下の3枚の写真で御確認下さい。こうして、数年で飴色・焦げ茶色に変色すると共に自然のツヤが出てきます。この色・風合いの変化は、使い手や環境によって微妙に異なるのです。そして、それが愛着につながってくるのです。ほとんどの商品を染色していないのは、じっくり永く御愛用頂き、革本来の風合の変化をお楽しみ頂きたいからです。
写真左)ヌメ革そのまま。製品はこの色です。

写真中央)約3年使用後。自然なツヤが出ています。

写真右)約10年使用後。ヌメ革ならではの貫禄十分です。
写真左)ヌメ革(ナチュラル)の周囲を革紐(ナチュラル)で編み込んだ状態。
写真右)約5年使用後。自然なツヤと編み込んだ革紐に陰影が出ています。
使用前の日焼け
革製品、特にヌメ革の魅力は、長年の使用・経年によって革の風合が増してくる事にあると言われます。特に、当方で主に使用する牛ヌメ革は、その性質上経年変化が大きく(「革について」ページ参照)、時に持ち主の個性をも表現します。下の写真は、お得意様からの御注文でお作りしたヌメ革のハンティング帽ですが、使用前にミンクオイルを塗り、窓辺で日焼け(お手入れページ参照)させるという工程を約2週間(夏場)施してくださったそうで、"我が子"との驚きの対面となりました。大切に使って頂けるのは作り手としても嬉しいものですし、革製品その物も貴方の愛着に応えてくれることでしょう。
約2週間の"日焼け"前後
自分色
何と言っても素材が命です。ヌメ革は、前述の通り何ら表面加工していない革なので、キズ・シミ・汚れをごまかす事が出来ません。だからこそ、革の原価も高価になりますが、永年使い込んだ時の風合には他の革には代え難い魅力があります。”作り手も、気合の入る革”と言えるかもしれませんね。製品は、完成後にミンクオイルを表面に塗ってから、お渡しします。このオイルは、革に栄養分(潤い)を与え、防水(防汚)の役割も果たします。
自然素材ですので、強度に問題を生じたり、よほど美観を損ねる場合を除いて、若干の傷・汚れが残る場合があります旨、御了承下さい。ただし、数日間の日焼け後使用するうちに飴色に近づくにつれ目立たなくなります。どうぞゆっくりじっくり"自分色"に育てて下さい。
商品・通販に関するお問い合わせはこちらから
Copyright(c) TEDDY'S. All Rights Reserved.