オリジナル&オーダーメイド革小物
定番アイテム オーダー(カスタム)メイド オーダー作品集 一点もの ノベルティ・卸売 製作のこだわり 送料・規約
こだわり
製作者より
革について
カービング
手縫い・仕上げ
エイジング(経年)
革製品のお手入れ
ウェスタン雑貨&インディアンジュエリー web TEDDY'S
送料・規約
実店舗の御案内

トップ > コンテンツ > こだわり > 手縫い・仕上げ
手縫い
ミシン縫いに比べ、圧倒的に効率の悪い”手縫い”にこだわる理由。それは一言で言うなら、その独特の"丈夫さ"と"味わい"にあります。革を手縫いする作業は、技術と時間を要するので大量生産には向いておりませんが、縫い目の丈夫さ、素朴な味わいは機械では生まれないものです。又、長年の使用で糸が切れた場合でも、補修がしやすいメリットがあります。手縫いの工程を通して、何故丈夫なのかをご紹介しましょう。
2本の革専用の縫い針。黄色い塊は、ビーズワックスと呼ばれるミツバチの巣から採取したロウの一種。麻糸に擦り込み、糸を丈夫にし、縫い合わせの際の革へのストレスを軽減します。 手縫いの場合、まず縫い穴を開けていきます。この時点で技術と根気が必要です。穴が曲がってしまったら、後から取り返しがつかないので、この時点で真剣勝負です。
縫い穴も空け終わって、後は縫い合わせ。この時、構造によって縫い合わせの順番が変わってきます。その都度イマジネーションを働かせ、完成図を頭に浮かべながら縫い始めます。 手縫いの特徴は、糸の両端に針を付け、左右両側から縫い進める事。これにより上糸・下糸の区別が交互に絡み合い、永年使い込んで糸が切れたとしても、次々に解(ほつ)れてくる事がありません。
コバ仕上げ
手縫いの後も、一仕事。まずは縫い目を叩いて凸凹を減らします。磨耗により糸が傷むのを防ぐ為です。そして縫い合わせたコバ(縁=革の切断面)の処理。まずは革包丁、カッター等で形を整えます。その後、特殊な工具・ヤスリ等で角を落とします。磨耗などでコバの角がバサついてくるのを防ぎます。これは煮物を作る時の"面取り"と同じですね。形が整ったコバはアクリル、たんぱく質、植物性蜜などを主成分にした専用の仕上げ材を塗りこみ、更に磨きます。最後に強度を上げる為にロウでこすります。これら手間暇の掛かる工程は、見た目の美しさと経年劣化を軽減する為の大切な作業です。
商品・通販に関するお問い合わせはこちらから
Copyright(c) TEDDY'S. All Rights Reserved.